(日本語) [研究発表]大学学部生を対象とした実践的IT人材育成プログラムenPiT2と評価

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

小林准教授らが沖縄県の那覇で開催されたIEICE ソフトウェアサイエンス研究会 3月研究会にて、大学学部生を対象とした実践的IT人材育成プログラムenPiT2と評価について発表を行いました.

著者: 山本雅基(名大)・沢田篤史(南山大)・小林隆志(東工大)・岡村耕二(九大)・宮地充子(阪大/北陸先端大)・佐藤和彦(室蘭工大)・奥野 拓(公立はこだて未来大)・粂野文洋(日本工大)
題目: 大学学部生を対象とした実践的IT人材育成プログラムenPiT2と評価
掲載誌: 信学技報, vol. 118, no. 471, SS2018-82, pp. 181-186, 2019年3月
概要:
に大学学部3年生を対象とした実践的IT人材育成プログラムであるenPiT2の教育が本格的に開始されてから間もなく2年を迎える.本稿では,各拠点におけるenPiT2教育の内容と,その実施を通じて得られた成果について,主に教育効果を評価する観点から概観する.