Category Archives: 研究発表

[修士論文] Untangling Composite Commits Using Tree-based Convolution Neural Network

2/1 に小林研M2の李さんが修士論文の発表を行います. 論文題目:Untangling Composite Commits Using Tree-based Convolution Neural Network 論文概 […]

Continue reading →

[修士論文] Multi-Channel Convolutional Neural Network for Software Defect Prediction

7/31 に小林研M2の郎さん(Chen Lang)が修士論文の発表を行いました. 論文題目:Multi-Channel Convolutional Neural Network for Software Defect […]

Continue reading →

[研究発表] ImperSD: Java言語向け命令型スクリプタブルデバッグ環境

小林准教授が、7月2日にオンライン開催された電子情報通信学会 ソフトウェアサイエンス研究会の7月研究会(情報処理学会 ソフトウェア工学研究会と連立開催)にて研究発表を行いました。 本発表は小林研の平ノ内さんの修士論文を発 […]

Continue reading →

[修士論文] Deep Learning based Semantics Model for Software Defect Prediction

2/3 に小林研M2の黎さんが修士論文の発表を行いました. 論文題目:Deep Learning based Semantics Model for Software Defect Prediction 論文概要: So […]

Continue reading →

[修士論文] 記号実行を用いた振舞い差分検出に基づく機能スイッチの要約コメント生成

2/4 に小林研M2の夏目さんが修士論文の発表を行いました. 論文題目:記号実行を用いた振舞い差分検出に基づく機能スイッチの要約コメント生成 論文概要: ソフトウェアの開発においてはプログラムを実装する際, メソッド・ク […]

Continue reading →

[修士論文] 命令型スクリプタブルデバッグ環境の実現

2/4 に小林研M2の平ノ内さんが修士論文の発表を行いました. 論文題目:命令型スクリプタブルデバッグ環境の実現 論文概要: デバッグは時間のかかる作業であり、その効率化は重要である。デバッグの工程において開発者は何度も […]

Continue reading →

[学士論文] コンテナオーケストレーションの理解支援のためのメタモデルと可視化手法

小林研B4の安西さんが学士特定課題研究論文(旧卒論)を提出しました. 題目:コンテナオーケストレーションの理解支援のためのメタモデルと可視化手法 内容梗概: 多様化するシステムインフラに対応するため,実行環境だけでなく開 […]

Continue reading →

[学士論文] 抽象構文木構造に基づく変更チャンク間関係の学習による複合コミットの分割

小林研B4の眞田さんが学士特別課題研究論文(旧学士論文)を提出しました. 題目:抽象構文木構造に基づく変更チャンク間関係の学習による複合コミットの分割 内容梗概: ソフトウェアは継続的な修正や機能追加によって進化する.チ […]

Continue reading →

[研究発表] 前処理命令解析と関数呼出し解析に基づく機能スイッチ特定

小林研 D3の相澤遥也さん,小林准教授が、東京で開催されたソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2019にて、研究発表を行いました。マクロと関数の関係グラフの構造的特徴から機能をオンオフするスイッチとなるマクロを特定し […]

Continue reading →

[研究発表]大学学部生を対象とした実践的IT人材育成プログラムenPiT2と評価

小林准教授らが沖縄県の那覇で開催されたIEICE ソフトウェアサイエンス研究会 3月研究会にて、大学学部生を対象とした実践的IT人材育成プログラムenPiT2と評価について発表を行いました. 著者: 山本雅基(名大)・沢 […]

Continue reading →