Category Archives: 研究発表

[研究発表] Untangling Composite Changes Using Tree-based Convolution Neural Network

小林研M2の李さんが、3月3日から2日間オンライン開催された電子情報通信学会 ソフトウェアサイエンス研究会にて研究発表を行いました。 著者: 李聡・小林隆志(東工大) 題目: Untangling Composite C […]

Continue reading →

[研究発表] 共変更分析に基づく変更支援のための不完全な変更の収集と評価

小林研M2の石田さんが、3月3日から2日間オンライン開催された電子情報通信学会 ソフトウェアサイエンス研究会にて研究発表を行いました。 著者: 石田義八・小林隆志(東工大) 題目: 共変更分析に基づく変更支援のための不完 […]

Continue reading →

[研究発表] 変更ルールマイニングのための解析範囲動的決定手法

小林研M2の内藤さんが、3月1日から2日間オンライン開催された第207回ソフトウェア工学研究発表会にて研究発表を行いました。 著者: 内藤祐樹・小林隆志(東工大) 題目: 変更ルールマイニングのための解析範囲動的決定手法 […]

Continue reading →

[研究発表] Webベースの対話的な文芸的デバッグ環境の試作

小林研B4の杉山さんが、3月1日から2日間オンライン開催された第207回ソフトウェア工学研究発表会にて研究発表を行いました。 著者: 杉山朔太郎・小林隆志(東工大) 題目: Webベースの対話的な文芸的デバッグ環境の試作 […]

Continue reading →

[学士論文] Webベースの対話的なスクリプタブルデバッグ環境

小林研B4の杉山さんが学士特別課題研究論文(旧学士論文)を提出しました. 題目:Webベースの対話的なスクリプタブルデバッグ環境 内容梗概: 開発者はデバッグの工程において何度も同じ作業を繰り返すことがある.この問題に対 […]

Continue reading →

[学士論文] 変更履歴の事前学習に基づく分散表現による変更推薦

小林研B4の北林さんが学士特別課題研究論文(旧学士論文)を提出しました. 題目:変更履歴の事前学習に基づく分散表現による変更推薦 内容梗概: 近年のソフトウェアプロジェクトの大規模化・複雑化により,不具合修正や機能追加の […]

Continue reading →

[学士論文] 共変更関係の学習に基づく変更漏れ指摘手法

小林研B3の山上さんが学士特別課題研究論文(旧学士論文)を提出しました. 題目:共変更関係の学習に基づく変更漏れ指摘手法 内容梗概: ソフトウェアに対する変更の影響は他の箇所へ波及するため, 波及する箇所の把握が必要であ […]

Continue reading →

[研究発表] 変更個所の構造的特徴の学習に基づく複合コミットの分割

小林准教授が、1月26日から2日間オンライン開催された電子情報通信学会 ソフトウェアサイエンス研究会(システム数理と応用研究会と合同開催)にて研究発表を行いました。 複数の意図が混在したコミットを機械学習を用いて自動的に […]

Continue reading →

[修士論文] 共変更の出現傾向を考慮した改版履歴分析の解析範囲動的決定

2/2 に小林研M2の内藤さんが修士論文の発表を行います. 論文題目:共変更の出現傾向を考慮した改版履歴分析の解析範囲動的決定 論文概要: ソフトウェア開発の長期化にともない,ファイル間の依存関係は複雑化する. 開発者に […]

Continue reading →

[修士論文] 改版履歴分析に基づく変更影響解析のためのデータセット構築と精度検証

2/2 に小林研M2の石田さんが修士論文の発表を行います. 論文題目:改版履歴分析に基づく変更影響解析のためのデータセット構築と精度検証 論文概要: ソフトウェアに変更を行う際は,変更の影響が波及する箇所を把握することが […]

Continue reading →