(日本語) [研究発表] ソースコードのXML表現のための選択例を用いた対話的XPath生成支援

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

小林研 M1の夏目雅槻さん,D3の相澤遥也さん,小林准教授が、愛知県の犬山で開催された SIGSS 10月研究会にて、夏目さんの学士論文の成果をもとにした研究発表を行いました。目的のノードのいくつかを選択することで,XPathやXMLのタグ付け規則の知識を必要とせずに,目的のノード選択を行うXPathを生成する手法を提案しています.

著者: 夏目雅槻・相澤遥也(東工大)・渥美紀寿(京大)・小林隆志(東工大)
題目: ソースコードのXML表現のための選択例を用いた対話的XPath生成支援
掲載誌: 信学技報, Vol.118, No.230, SS2018-24, pp.37-42, 2018年10月
概要:
汎用的なコーディング規約検査手法としてソースコードの構文情報をXMLに変換し,このXMLが規約を遵守しているかをXPathを用いて検査するいくつかの手法が存在する.しかし,XPathは記述力の高さと引き換えに学習コストが高く,またXMLへの変換ツールがどのようにソースコード変換するかを熟知する必要がある.本研究ではソースコード中の選択対象箇所を正例、対象ではない箇所を負例として対話的に入力することで,XPathや対象のXML構文の知識を必要とせずに,目的の箇所を適切に選択するXPath群を生成する手法を提案する.実際のソースコードに対する2つの選択問題を例に,提案手法が容易にXPathを生成できることを議論する.